×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2007年5月8日


   2007年恵那山・木曽駒ケ岳山行報告

ゴールデンウィークを利用し、恵那山・木曽駒ケ岳の2山に挑戦する。両日とも、朝から快晴に恵まれ、良い山行が出来た。

日程: 2007年5月2日〜5月5日 (4日間)

参加者: 菊地正良、美智子 計 2名

@恵那山(5月3日)
コースタイム:
5:40 黒井沢登山口
6:20 林道終点
7:35〜7:50(休憩) 野熊ノ池非難小屋
9:40〜9:45 水場
10:10〜11:05(昼食) 恵那山山頂
12:50〜13:00 野熊ノ池
14:00 林道終点
14:30 黒井沢登山口

A木曽駒ケ岳(5月3日) ※アイゼン、ピッケル使用
コースタイム:
 6:00 菅ノ平バス停
 6:40〜6:55 しらび平(ロープウェイ)
 7:10〜7:20 千畳敷
 8:15 乗越浄土
 8:25 宝剣山荘
 9:20〜9:35 山頂
10:15〜10:30(休憩) 宝剣山荘
10:40 乗越浄土
12:10〜12:40(昼食) 千畳敷
12:50〜13:00 しらび平(ロープウェイ)
13:50 菅ノ平バス停

活動内容:
5月2日、白河ICから中津川IC、そして黒井沢駐車場まで移動。夕方、5時に到着し、テントに宿泊。
5月3日、晴天の中、5時40分出発。林道終点まで40分かかり、そこから沢沿いの登山道を進む。野熊ノ池に7時35分に到着し15分の休憩を取る。唐松林を過ぎたあたりから残雪が多くあったのでアイゼンを装着する。水場を過ぎ、山頂へ10時10分到着。
山頂は思ったより、高い木に囲まれ展望がない。脇のやぐらからも木の隙間からアルプスの山が少しだけ見える程度であった。4時間30分かかって登ったわりには、展望がなくちょっと残念であった。頂上で昼食を取り、11時5分下山開始。来た道をそのまま引き返す。下山は3時間30分かかり、午後2時30分到着。中津川ICから駒ケ根ICまで移動。キャンプ場へ宿泊。
5月4日、5時40分にキャンプ場を後にする。6時のバスに乗り、7時発のロープウェイに乗る。ロープウェイを降りた所で指導の方が2人、すでに待機しておられ『山に登られる方は登山者カードを出してください』と案内していた。私達は用意してきた登山者カードを渡すと『ピッケル、アイゼンは爪10本以上のものを持っていますか』と聞かれ、『持っています』と答えた。持っていない方は登山を止められていて、指導の徹底している所だなと思った。
7時20分千畳敷から登山開始。今日も雲一つない青空である。一旦、カールへ下り、乗越浄土へ一気に急登する。上までくると、風が強かった。冬用の帽子、マフラーを付ける。2時間かかり、9時20分、山頂へ到着。15分位、記念撮影、休憩をとり下山開始。宝剣山荘まで下り、小屋の脇で風を凌ぎ、休憩し行動食をとる。乗越浄土から一気にカールに向かって降りる。直角に降りる感じであり、足がすくんだ。一歩、一歩慎重に降りる。千畳敷に12時10分到着。昼食をとり、12時50分のロープウェイで降りる。

反省点:アイゼンにプレートを付けておけば良かった。解けかかった雪がダンゴになり、難儀した。               記)菊地正良
ENA1.JPG - 184,587BYTESENA2.JPG - 119,445BYTES