×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

                          2007年3月3日

   2007年磐梯山山行報告

 磐梯山の山行が急に決まり、2名で行く事となる。
当日の天候は、朝から快晴で良い山行出来ると思い心浮き浮きした。
磐梯ゴールドラインが通行止めになっていた為、予定を変更して猪苗代スキー場から登る事した。

日程: 2007年3月3日(土) 日帰り登山

山域/山名:磐梯山 ※アイゼン、ピッケル使用

参加者: 菊地美智子、菊地正良 計 2名

コースタイム:
6:45 自宅出発
9:30 猪苗代スキー場駐車場
9:45 リフト
10:10 登山開始
10:50〜11:00(休憩) 鏡が池
11:40 天狗岩
12:10〜12:25 弘法清水
12:50〜13:05 山頂
13:35〜14:00 弘法清水
14:50 鏡が池
16:00 猪苗代スキー場駐車場

活動内容: 6時45分に自宅を出発。八方台を目指すが、有料道路入り口で通行止めを知り予定を変更。猪苗代スキー場から登る事にし移動した為、約40分のロスとなり、9時30分に駐車場到着。現地の登山コースを確認して、身支度を整え、9時45分、リフトに乗車する。3本を乗り継ぎ10時10分、終点到着。夏道の登山道に合流する所まで行くと、猪苗代が眼下にきれいに見えた。
景色を見ながら、準備体操を行い、鏡が池方向に磁石を合わせ出発する。樹林帯の中はアイスバンになっていたのでアイゼンを着用する。鏡が池を過ぎ沼の平へ向かう途中の丘で第一回目の休憩をとる。くだものとパンを食べながら、真っ青な雲一つない、磐梯山に見とれる。沼ノ平付近はザクザク雪になり、アイゼンがだんごになってしまう為、外す。天狗岩に到着すると、裏磐梯方面が目の前に現れた。桧原湖の上部に目を向けると、飯豊山、西吾妻などが光輝いている。そこから、二つの急登を越え、弘法清水に到着。風もなく、冬山登山とは思えない暖かさである。10分間、休憩をとり、荷物を置き、再びアイゼンを付け山頂を目指す。
頂上方面を見上げると、3組のパーティが山頂を目指し登っている。私達も後に続き、歩きやすそうな所を見つけ、直登する。弘法清水から25分かかり、12時50分に山頂へ到着。居合わせた方と『こんなに良い天気に恵まれるとは、ラッキーですね』と声を交わす。
風もなく、ポカポカで、山頂で食事をしているパーティもいる。360度の展望をゆっくり楽しむ。写真にも力が入る。素晴らしい眺めを十分に楽しみ、立ち去り難い気持ちはあったが、13時下山開始。
登りは夢中で来たが、下りは足がすくむ。アイゼンを雪面に接着させ慎重に下りる。弘法清水で13時35分から14時まで昼食をとり、再び出発。下りは慎重に、安全にと心で祈りながら沼ノ平まで下山。再びアイゼンを外し、ザクザク雪を終点リフト口まで歩く。15時35分、帰りのリフトに乗車し、2本を乗り継ぎ16時駐車場に到着。(行きはリフト3本乗り継ぎ終点まで行く事ができたが、帰りは安全の為、2本のみしか許可していないとの事だった)

反省点:事前準備(道路状況調査など)が大切であると思った。

記)菊地正良

BANDAI2.JPG - 103,798BYTES

BANDAI1.JPG - 78,324BYTES