×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2007年2月24日


   2007年安達太良山山行報告


 安達太良山の山行が急に決まり、4名で行く事となる。当日の天候は、朝から風が強く現地にて判断する事になった。到着したら思いのほか風がなく、又、ゴンドラも運行していたので予定通り、山行の実施をする事にした。

日程: 2007年2月24日(土) 日帰り登山

山域/山名: 安達太良山

参加者: 深谷トヨ子、斉藤久之、菊地美智子、菊地正良 計 4名


コースタイム:
7:15 深谷トヨ子宅
8:30 奥岳駐車場
9:00 ゴンドラ
9:15 登山開始
9:45〜10:00(休憩) 五葉松平
10:40〜11:20 山頂
12:10〜13:30 勢至平昼食
14:50 奥岳駐車場
16:00 深谷トヨ子宅

活動内容:
6時50分に斉藤さんの寮、7時10分に深谷邸経由で矢吹インターから高速に乗り二本松インターで下車。奥岳駐車場に8時30分に到着する。駐車場にて現地の風の状況を確認し、身支度を整え、9時、ゴンドラに乗車する。山頂駅にてコンパス、方向(270°)に合わせ出発する。
思ったよりは風も弱く順調に歩き、五葉松平に到着。約10分程度の休憩をとる。五葉松平から風が強くなり(時々軽いホワイトアウトになる)再度コンパスにて山頂(280°)に合わせて出発。ほぼ一直線に登り山頂直下の道標に10時40分に到着する。
山頂乳首に、夏道(鎖場)の方向と逆側から安全を確かめながら、慎重に登る。(山頂直下にいた登山者から、逆側から登った方が安全であるとアドバイスを頂いた為)山頂は風が強く、記念撮影を急いで行い降りる。山頂直下道標に温度計があり見ると−14°になっていて風も強いので体感温度は、かなり低く思われた。

ADATARA1.JPG - 58,622BYTES
*頂上にて


峰の辻目指して11時20分、下山開始。だんだん、青空が広がってきたので後ろを振り返ると乳首の山頂が綺麗に見えていた。又、自分達の足跡が雪の斜面に綺麗に輝いて付いていた。そこから勢至平(62°)に合わせてさらに下る。時々踏み抜きがあるので注意して歩く。樹林の中の風がない所を探し、ツエルトを張りお昼休憩を取る。(カレーうどんを作る。)ツエルトの中は風もさえぎられ、ガスを点火したとたん、あったかい空間へとなった。奥岳駐車場に向けて下山を開始する。さらに、青空がいっぱいになり、眼下には二本松、福島の町並みが綺麗に見えた。また、途中多くの登山者とすれちがった。
皆さん、くろがね小屋泊まりのようであった。羨ましい気持で、見送りながら、やっぱり宿泊登山は良いなと思った。

ADATARA2.JPG - 146,018BYTES
*勢至平にて

14時50分に駐車場に到着し、15時に帰宅開始する。帰りも同じ道を使い16時に深谷邸に、16時15分に斉藤さんの寮に到着した。無事、風の心配があった中、予定通りの山行が出来た事にほっとした。
反省点:天候不順時の第二案を考えておく事が大事だと思った。


                               記)菊地正良