×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2007年2月17日
2007年赤面山山行報告

赤面山の山行が急に決まり、4名で行く事となる。
当日は、天候に恵まれて絶好の山行日和となる。
山行スタイルは、山スキー2名、スノーシュウ2名。

日程: 2007年2月17日(土) 日帰り登山
山域/山名: 赤面山

参加者: 薄葉正雄、菊地正良、菊地美智子 (他 1名 中村) 計 4名

コースタイム:
8:15 西郷文化センター
9:00  登山道入口
9:20  登山開始
10:00〜10:15(15分休憩)  第一ゲレンデ
10:45〜11:00(15分休憩)  第二ゲレンデ
11:50〜12:15  山頂
12:30〜13:30  昼食
14:30  登山道入口
15:00〜  ちゃぽランド

活動内容:
8時15分に車2台にて、文化センターを出発。快晴に心高まる。道路は前日に降った雪が残っていて所々アイスーバンであった。
約30分でしゃぽランド駐車場に到着。そこから車を1台(帰りは別行動になる為)にし赤面山の駐車場に向かう。身支度し準備体操をして9時20分に青空を見上げての気持ち良い出発となった。歩く間もなく、体も暖まり上着を抜く人も...雪の量も思ったほでは無く、スムーズに足を運ぶ事が出来た。
10時に第一ゲレンデへ到着。振り返ると下には麓の町並み、そして遠くには、磐梯山、安達太良山が真っ白に浮かんでいた。ここで、少休止し、水分補給、ウエアの調節などを行う。
第一ゲレンデを10時15分に出発。夏道とは違う直登のゲレンデを登り10時45分に第二ゲレンデに到着。
尚一層、展望が開け吾妻連峰も見え、嬉しくなる。第二ゲレンデまでは、スノボーの2人の足跡があったが、そこから先は誰も歩いておらず樹林帯の中をコンパスを使い、まめに確認しながら進む。思った以上に雪が締まり歩き易かった。樹林帯を抜けると日差しが一層、強く感じた。山頂直前で、真っ白に光る申子旭岳が突然現れ『かっこいいな』と改めて感じた。
11時50分に山頂に到着。山頂からは360度のパノラマを見る事が出来、とても感動的だった。少し風が出始まり、天気が下り坂になっている事を肌に感じた。少し下がった所で昼食を取ろうとの事で、記念撮影後、下山開始する。
昼食はキムチラーメンを作り、また、薄葉さんの奥さんお手製の卵焼き、蒸しパンなどを美味しく食べた。
昼食後、なだらかな樹林帯の中を気持ち良いリズムで下る。約1時間で無事、駐車場に到着。
身支度を整えちゃぽランドに15時到着。
(ご一緒した中村さんは写真が趣味との事で、今回の赤面山登山写真を120枚も撮影した)

AKA1.JPG - 67,949BYTES AKA2.JPG - 71,624BYTES